人間風車

1998/11/27(金)
【太陽系の外はあるのか?】

AIをゲーム中のキャラに組み込むという作業を長くやっていると、
時々妙な気持ちになる。

誰もほめてくれないので、自分でほめますが、
「がんばれ‥‥」のキャラクターPiTは、
10色を見分ける視覚と5種類*10段階の匂いを
区分できる臭覚と同じく5種類*10段階の音を
区分できる聴覚を持っています。
この感覚器を利用して、
ステージ中のアイテムや環境を識別してます。
これが実際のロボットなら「おおおっ」と
驚いてもらえるのでしょうが、ゲーム中では他の方法でも、
同じような演出ができるので、そうは驚かれませんでした。
余談ですが、すごく賢い麻雀用のAIを開発しても、
きっと同じように驚かれないでしょうね。

ま、それはどうでもいいことなのですが、
我々(開発スタッフ)はPiTが知覚できるように、
アイテムの色を10種類に限定するなどなど、
いろいろと「彼が自分で「わかったような気になる」
ようにいろいろと苦労するわけです。

事実、簡単な感情とか、
生理的報酬(気持ちよいとか、おいしいとか不快とか、痛いとか)
を受け取ったり、学習に基ずく状況判断や、経験を学習し、
学習から判断を導き出し、
逆に経験によって学習を追加したり
修正していくようにしてありますので、
彼はきっと、ステージやアイテム、
そして自分自身を「存在するもの」を信じていることと思います。

残念ながら、存在とは?生きる意味とは?命とは?
みたいな哲学は学習できないので、
自己の存在意義についてみたいな「思想」はもっていませんが。
しかし、不快から逃れ、
生命の維持を第一にするようには
命令(本能化)してありますから、
下等な生き物レベルの判断はできるかもしれません。

もちろん、本当の生き物のレベルには、
まだ全然いたっていないのですが、
今後こういうことを進めていったら、どうなるだろうと、
そんなことに思いが及ぶことがあります
(ホントはそうういうことが
「ゲームの快楽」の方向に向かっているか、
そういうことをまじめに考えなくちゃ行けないんですけどね)。

例えば、この宇宙は神様がデザインしたゲームだったら、、、。

人知を越えた天才が、40億年もゲーム開発に時間をかけたら、
ゲーム中のキャラクターに、
その世界が「実存している」なんて思わすくらい簡単でしょう。

太陽系の外は本当にあるの?空に輝く星星は、
ひょっとしたらドームに描かれた絵では?
人間の観測程度にあわせて、光のスペクトルが調整されてて、
宇宙には空間が存在し、
広がりつつあるという結論を得られるようにされているのでは?
光より早く移動してはいけない理由は、
ゲームスペック上の問題では?量子力学に見られる不安定さは、
ゲームデザイン上の都合では?
相対性理論が宇宙のはじめのその瞬間を説明できないのは何故?
などなど。

「しかし、手に持つこのコップはたしかに存在してるじゃない」
と思われますが、
それもアナタの脳がそう判断しているだけでしょう。
PiTだって、アイテムの「重さ」も、
「アタリ」も知覚しています。

人工生命系のゲームを作っていると、
時々、この宇宙は誰かの進行中のゲームなんじゃないだろうかと、
ヘンな感覚にとらわれることがあります。

« アリは象を倒せるか? | | トゥルーマン・ショー(注1) »