人間風車

1999/04/05(月)
【真夜中の健康器具品の広告】

朝の4時頃というのは、
仕事を終えて風呂にでも入って
寝ようかなという時間なんですが、
この時間テレビでは、通販番組が盛んなんです
(それでも一頃より減ったきもするけど)。

で、ついつい見ちゃうんですねぇ、これが。特に健康器具の回。
どの健康器具も、ネーミングがナイスだったり、でかすぎたり、
どう考えたってよい運動に見えなかったり、
すっごくつらそうだったりと、
ちょっとおまぬなところがとってもいいんです。

また、とんでもなく不健康な時間帯に、
エアロビクス系の笑顔があふれているという
組み合わせもまたシュールでいいわけです。

これ(こんな時間帯にそんな広告の意味)は意味ないでしょ、
と思われるかもしれませんが、
実は、この時間帯に起きている人って、
間違いなく自分の健康に自信がない、
運動不足は十分自覚している人種だから、結構、
「マジにいいかも」なんて普通の人より思ったりする
(=負い目を感じている)んで、
結構きちっと時間帯を計算した広告なのではと関心しているのは、
ボクだけじゃない気がします。

« 猛烈に悲しい | | 3秒以内の反則は反則でない »