人間風車

1999/05/17(月)
【東京都都議会】

別に、石原新知事が好き、
というわけじゃないんですけど。


「小説書くのとは違うんだよ」
「知事の言うことをすんなり承諾するわけにはいかない」
「こざらにもメンツがある」

石原新知事の副知事選出の際の
東京都都議会の発言だそうです。


あるアイデア、意見、考え方に対して、「そうは思わない」
「それは間違っている」「私の意見の方がすばらしい」
というのなら、間違っていないし、
大切なことだとも思うけど、
上の発言って、相手がなにを言おうと関係ない、
発言の内容じゃなく、ともかく「おまえには反対!」
という体勢でいる、っていうことでしょ。

それじゃ、
ボクの林真理子に対する態度と同じじゃないですか。


青島前知事には、とってもがっかりさせられましたが、
半分は、この東京都都議会の責任だったんじゃないかなぁ、
という気さえしてきました。

青島前知事の提案に対してことごとく
ノーを出していたもんなぁ。


ノーとしかいえない人たちと、
どうつき合っていくか、楽しみです。

« 100円パーキング | | 天文学者と物理学者と数学者 »