人間風車

1999/06/28(月)
【遺伝子の著作権】

この間新聞で読んだんですが、実験段階で、
光るマユなんてのができてるんですね。

これは、どういうことかというと、
ある種のクラゲの光遺伝子をカイコに組み込んだら、
光糸をはくカイコができたということです。

早いっすねぇ。
ちょっと前まで大腸菌使って物質作らせて、、、
なんて時代だったのに。


人ゲノム計画(人間の全遺伝子を解明しようとする計画)は、
まだ、完成してませんが、ここの遺伝子は、
こういう病気を起こす物質を作るなんていう情報は、
ずいぶんと解明されているみたいです。


で、たとえば、ボクが(というかぼくの遺伝子が)、
ある難病に対して画期的な効力を持つ物質を生産する、
非常に希な人(というか遺伝子)だったとするじゃないですか。

で、ぼくの遺伝子を直接組み込めば、
たちまちその難病に対してOKになっちゃうとか、
大腸菌なんかに組み込めば、
難病治療用の薬品を生産できるとか、
そうなるじゃないですか、きっと。


つまり、ボクのこの遺伝子は、
とってもお金を生むわけです。


こういう状況で、果たして、
この遺伝子の著作権はどうなるんでしょうか。

スポーツや芸術などの才能を語るとき、
よく「もって生まれたモノ」なんていう言い方をしますが、
遺伝子なんざ、まさに「もって生まれたモノ」なんで、
それも、その人の才能なんて言い方もできるわけです
(関係ないですけど、金持ちの家に生まれたことなんかも、
ぼくは、その人の才能なんていいます)。

だとすれば、その人の所有物なんだから、
その人に権利があるってことになるんでしょうかね。


じゃないと、
遺伝子の塩基配列さえわかってしまえば、
合成するなんてと簡単でしょう。
そういう著作権がなければ、
世界中どこでも複製が簡単にできてしまう。
(なんだかデジタル世界の問題とダブルあたりがおもしろい)


これって、きっと金が絡んでくる問題になるんで、
けっこうこれから大変でしょうね。


PS:

もう、スポーツなんかの「もって生まれたモノ」がないのは、
はっきりわかったんで、
せめて、
遺伝子の中に金目のものがあるといいなぁなんて思うのは、
不謹慎?

« 喫茶店のホットコーヒーが、すこぶるまずい季節 | | 暗号は遺伝子にのせて »