人間風車

1999/08/27(金)
【インフラ】

もう、今ではすっかり理解していますが、
「インフラ」って言葉、
最初「インフレ」の新しい言い方だと思ってました。

ほら、「モービル」がいつの間にか
「モバイル」になったでしょ。そういう感じかなって。


そんなこたぁ、どーでもいいんですが、
それにしても日本道路公団とNTTですよ。


設備費÷予想利用数=料金 って一見、
とても正しく見えますが、設定した料金によって、
利用数が変動するってことを、甘く考えてますよね。



普通の製品というのは、
ま、そういう算出方法でもいいかもしれませんが、
公共(的)インフラは、全く違った視点で、
料金を設定しなくちゃいけないんじゃないでしょうか。

(こういうときこそ、公的資金導入でしょ)


そんなところだけ、
一般企業感覚になってどうするんですかー>
NTTさん。と私はいいたい。

今度、アクアラインの通行料金が
1.000円程度に値下げされるそうです。

現行の料金は、
設備費÷予想利用数=(往復)8.000円
って算出されたわけですが、
8.000円という料金が、
実際の利用者数<予想利用数*10%なんて結果を
生みだしたわけです。

 ほらみたことかと、と私はいいたい。


それもしても、8.000円とか、
(つなぎ放題)10.000円とか、
とんでもない見当違いな額じゃないですか。
ちょっと高めかな、
なんてもんじゃないでしょ。

そういう違和感を感じない感覚の人が
インフラを握っているってのが、とっても怖いです。
と私はいいたいわけです。


高速道路は、ま、そんな料金にしてたら、
いっこうに減価償却しませんよ、
ですみますが、インターネットはそうはいきません。


これといった資源も土地も
(そして、今後は金も)ない日本では、
仮想の資源と土地であるインターネット空間ってのは、
最後の、そして願ってもない場所じゃないですか。

で、今、この世界を配下に治めるべく、
おそろしく激しい陣地取りが行われているってのに、
「高すぎる料金」なんていうとんでもなく
くだらない原因のために出遅れてしまうなんて、
悔やみきれないっすよ、きっと。

 10年後、御子孫様にどう申し訳していいのやら。

このインフラに対する鈍感さってのは、
狭い国であること、
つまり、インフラの整備なんていうこと考えなくても、
歩いたり、人伝えでなんとかなってしまうという感覚に
原因があるんでしょうかね。


« インタビュー | | 1音1語 »