人間風車

1999/09/08(水)
【本屋と喫茶店】

むかし、
六本木のABC(青山ブックセンター)の2階は、
喫茶コーナーだった。

本屋と喫茶店。

この組み合わせは、かなり心地よいです。

いましがた買ったばかりの本を、その場で、
ゆっくりイスに腰掛け、
コーヒーなんぞすすりながら、
読み出せるわけですから。

小さな頃、
デパートで買ってもらったオモチャって、
家につくまで待ちきれなくて、
帰路の電車の中で包装破いてしまったじゃないですか。

買ったばかりの本も、それに近い感覚がありません?


こういう作りの本屋が
いっぱい出てきてくれるとうれしいなぁ。


ついでに深夜までやってくれてたりするとなおいい。


六本木のABCも結局今では
喫茶コーナーはなくなってしまってしまいました。


東京の地代とか考えると、
そうはうまくいかないということでしょうか。


たいがいの人はそんなことに
価値を感じないからでしょうか。

« 1音1語 | | 会議室のお菓子 »