人間風車

1999/11/17(水)
【健康という名の宗教】

どうも納得がいかない。

「朝食は必ずとりましょう。」、
「1日3食、決められた時間に食べましょう。」、
「間食はいけません。」、
「5大栄養素をもれなくとりましょう。」、
「1日20品目以上を食べましょう。」、
「ビタミン類は、錠剤からではなく、
果物や野菜などからとりましょう。」

それは確かに悪い話じゃないと思うんですけど、
いったい、
人類がそんな生活ができるようになって何年たったんでしょ、
ってかんがえると、どうも納得がいかない。

人類がそんな生活ができるようになって200年くらいですか?


よくわかりませんが。

それに対して、少なくても200万年前には、
我々はサルをやめた(やめさせられた)わけです。

200万年前~200年までの生活といったら、
そりゃもう、上の生活とはほど遠かったハズです。

で、進化のスピードなんかを考えると、
我々の体が適応しているのは、
そういう古い時代の生活であるはずだ、
という方が説得力ないですか?

断食をやろうと思ったきっかけの一つに、
断食を勧める医学者のこんな言葉がありました。

「朝飯を食わないと力が出ないからダメ?じゃあ、
狩りの時代はどうだったのよ。
3日に1匹とれれば御の字の時代。
3日目にやっと目の前を通りかかった動物を前に、
朝飯食ってないから力でねぇ、
なんてこと言ってたと思います?
見つけちゃ瞬間、飛び出していったに違いないでしょ。
じゃなきゃ、とっくに絶滅してる。」

(ほんとは、こんなべらんめぇ口調じゃなかったですが)


で、実際断食をやって、
この言葉の真偽を確かめてみたんですが、
最初の一日こそ確かにぼーっとしてしまうんですが、
それ以降は元気、元気。

上のすべての法則に反する食生活
(食べてないのに食生活もないか)なのに、全然OKでした。

ほら、やっぱり。と思ったモンです。


以来、腹が減ったらいつでも食う。
腹が減らなきゃ、ご飯タイムでも食わない。
子供食いはする(子供を食べるワケじゃなくて、
子供のように日に何度も少しずつ食べる、の意味)。
好き嫌いはいう。錠剤も便利なんで飲む。

って、生活をしていますが、いたって元気です。


(というか前より、スリムになって調子がいい)

だから、よけいに信じられないんですよね。上のようなの。

なんか「健康教」に見えちゃって。

« インターネット・ゲームセンター | | ブラックホール・マシン »