人間風車

1999/11/27(土)
【ブラックホール・マシン】

ほとんど、朝日新聞10/29夕刊からの抜粋です。

このマシンの正式名称は、
「相対論的重イオン衝突型加速器(RHIC)」で、
加速器で金の原子核を光速近くまで
加速してぶつけるという装置だそうです。

光速で金の原子核どうしがぶつかると、
日頃グルーオンという
「のり」でしっかりとくっついている、
クォーク(物質を作る基本粒子)が、一瞬はがれる。

それがなんだと思われるかも知れませんが、
これは、宇宙開闢(ビッグバン)の状態なのである、
といわれるとなにか、
すごいじゃないと言いたくなってしまうじゃないですか、
ムードとして。

(さっぱり理解していないけど)

マシンの中で小さなビッグバンを作るんですよ。

「光あれ!」を人様が作っちゃうわけですよ。

そうそう、どのくらいの一瞬かというと、え~~~~っと、
1000000000000分の1のさらに、
10000000000分の一秒、だそうです。

どのくらい短いか全くピンときません
(東京ドーム何杯分とか的に
例えてくれるとありがたいんですが)。


で、なにを世間?(英サンデータイムズなど)が
騒いでいるかというと、この実験により、
ある確率(これまたとんでもなく小さな確率らしい)
でブラックホールが発生するらしいのです。

若い科学者の実験により作られた小さなブラックホールが
地球を飲み込んでしまう、
というといささかSFすぎる気もしますが、
こうした指摘に対して当事者も
「条件さえそろえば、ありえないことではない」
と答えているらしい。


ブラックホールを実験室で作れる(かもしれない)時代に
なったんですねぇ、すごいですねぇ。


ちなみに、実験で使用する金の原子核は200億個!

これは、100000000000分の1gの量の金で、
ブラックホールを作るのには、
意外に材料費がかからないらしいです(オチも朝日新聞より)。

« 健康という名の宗教 | | 1999年12月5日-2000年2月22日 »