人間風車

2000/09/25(月)
【しまった】

全くしまった。
本当は、今日は、感動につぐ感動の一日のハズだったのが、
こともあろうか、両方の感動とも見逃してしまった!
オリンピックの女子マラソンは、朝の8時くらいまで、
なんとか「起きていた」んだけど、
ついにゴールを見ぬまま落ちてしまった
(=失神するかのように寝てしまうこと)。

朝の6時くらいまでなら平気で起きているのだけど
(今、これを書いているのも、朝の6時4分)、
さすがに8時をすぎると苦しい。
寝ちゃダメ、寝ちゃダメとまるで雪山の遭難者のように、
自分を励ましたんだけど、とうとう睡魔にまけてしまった。

その夜、飲めない酒を飲んだのもいけなかったかもしれない。
マラソンが始まる前、
ゆっくりぬるいお風呂に1時間も入っていたのも、
風呂上がりに暖めたミルクを飲んで、
すっかり気持ちをリラックスさせてしまったのも、
敗因かもしれない。

風呂に入る前、ちょっとのつもりが、
たらふく食べてしまった夜食もまずかった。
ともかく、眠ってしまった。
夜中のBSでなんとか見られたから、
いいといえばいいんだけど。う~~~ん、
リアルタイムで感動したっかたぁ。ごめん!高橋さん。

さて、失意のまま夜になったんだけど、
この日は、わが巨人の優勝が決まるかもしれない日でもあった。
が、しかし、前日同様、巨人打線はどうにもならない。
相手(中日)のピッチャーのできもいい。
9回表まで終わって4対0。
それまでの流れで行けば、
そして、ここのところの巨人打線の調子から言えば、
9回裏を見ずにでかけてしまったぼくを責められないだろう。
だって、負けた瞬間を見るのって、
すっごく気分悪いんだもん。
とくに今日のような試合。

ところが、ご存じのように、奇跡の逆転で優勝してしまった。
虫の知らせというか、
出先で急に胸騒ぎがして、i modeで巨人速報を見たら、
二岡のホームランが出た直後だった。
おもわず、人目もはばからず叫んでしまった。
ぎゃああ、何という日なんでしょ。
この日のために、ともに130日余、
ともに戦ってきたのに!
その締めくくりの瞬間を見逃してしまうなんて!


ということで、今日は、
オリンピックと巨人で感動三昧の日のはずだったのに、
後悔三昧の日になってしまった。
奇しくも、
巨人も4年目の優勝だったのに。

« 地域猫 | | 天性の精神的素質 »