人間風車

2000/11/07(火)
【6200万】

携帯電話の台数が6200万だそうだ。
日本の人口は1億2000万くらいなので、
生まれたばかりの赤ちゃんから死ぬ寸前の老人まで含めて、
2人に1人が使っているっていうのはスゴイ。
昔、なんかの本で、日本は普通回線が普及しているので、
携帯電話など流行るわけがない
という予測を読んだことがあるけど、
大ハズレということになる。

ただ、これは無理のないことかもしれない。
携帯電話が一気に伸びたのは、
インターネットに接続できるように
なってからだというからだ。
つまり、電話だけの機能じゃなくなったってのが、
ブレイクの大きな要因だったというわけだ。
携帯電話の普及予想をした人は、まさか、
携帯電話がインターネットに接続されるなんて
夢にも思っていたなかっただろうから、
このハズレは仕方がないのだ。

最近、ほんと、携帯を「見ている」
人っていうのをよく見かける。
これはおもしろい現象だと思う。
携帯は読み物メディア化しているのだ。
これからしばらくは、
携帯はテキスト(を読む)メディア
として活躍しまくるんじゃないだろうか。


それはそうと、
携帯電話に使う料金だけはのびているらしい。
若い子でも1万円以上使うらしい。
で、増える傾向にあるらしい。
この影響は、
外食産業もゲーム産業も服飾産業がもろに受けている。

で、携帯電話の通話料である。
これが半額になれば、
みんな5000円うくことになる。
そうすれば、毎月ゲームを1本買ってもらえたり、
ユニクロのフリーズを2枚買ってもらえたり、
吉野屋の牛丼にギョクが追加してもらえるわけである。
下手なIT革命なんかより、う
んと経済効果が高いし、即効性があると思う。

NTTは、ここは一つ男になってほしい。
2年で20%の値下げなんて眠いこといっていないで、
バンと下げきってほしいモンだ。


今日のBGMは、
underworldのライブ版everything,everything
不思議なことに、underworldのアルバムは、
ぼく的に好き、ぴんとこない、
を交互に繰り返してきている。
で、今回は大当たり(ライブだから当たり前か)。

« 首相を選びたい | | お知らせなど »