人間風車

2000/11/30(木)
【成功の定義】

今日CXの深夜番組で、
オフィス北野社長の森昌行さんの言ってたことは、
おもしろかったなぁ。
プロジェクトは成功しなくてはいけない。
ただ、その成功の定義は、
そのプロジェクト毎に違うはずだ。
プロジェクトを始めるとき、
その成功の定義を明確にして、
それに向けてプロジェクトの規模や内容、
期間や予算やプロモーションの方法を
考えていかないといけない。
ってな感じ。
これは、正しいなと思った。

1つ売れるだけで成功と言えるプロジェクトもあれば、
100万売れても失敗といえるプロジェクトもある。
こんなことは誰でもそういうんだけど、
プロジェクトを開始する時点で、
「このプロジェクトの成功とは、こうだ!」
と宣言して始めるプロジェクトは、
あまり経験したことがない。
たいがい、あまり売れなかったときの方便として
「売れてないけど成功だね」
定義が使われているような気もシナイではない
(アンド、人ごとではない)。

経済効果的には、
最初から成功の定義をしようと、
後付にしようと変わりはないけど、
制作者サイドには大きな違いがある。
ここらあたりに、
一番ナーバスなのがクリエイターだと思う。
物作りに対するモチベーションっていうんですか、
そういうものを維持するのは大変なんですよ。
そんなとき「(予定どおり)成功した」というのは、
非常にわかりやすい、
即効性のあるカンフル剤になるんですよね。
そこに「成功しなくてはならない」という意味がある。
でも、なかなかわかってもらえないんですよねぇ。

これは人によって違うだろけど、個人的には、
作品が世に出るあたりのタイミングが
一番ブルーになる(今がまさにそう)。
絶対に喜んでもらえるなんていう確信はないし、
今ならもっといい物が作れる、
という後悔に近い気持ちもあるし、
人の批評も気にならないと言ったらウソになる。
特に日頃尊敬している友人達の感想なんぞ、
気になって仕方がない。
でも、とてもじゃないけど直に打診できない。

ああ、今回のプロジェクト
「ここ掘れプッカ!」の
「成功」ってなんなんだろう?


ps:
今のBGMは、BrianEnoのmusic for airport。
20年ぶりくらいに聞く。懐かしい!
でも、徹夜の夜には、やばいこと判明。

« 正統的なプロレスを見た | | スピードというリスク »