人間風車

2001/02/15(木)
【恐竜滅ぶ】

ほのぼのレイクのCFの「ク」の人のポーズは、
「レ」や「イ」の人に比べて楽すぎると思う。
そんなことはどうでもいいんだけど、
スクエアの坂口副社長が辞任した。
今期のスクエアの業績赤字に対する引責ということらしい。
坂口さんとは面識もなんにもないんだけど、
「がんばれ森川くん2号」というソフトを出したとき、
ある人から
「自分の名前をゲームのタイトルにつけるなんて、
スクエアの坂口さんだってやらないよ」
と冷やかされたことがある。
いや、あの、それがどういう意味なのか、
あたしは知りませんよ。言われた立場ですから。
ま、でも、そんなこともあったっりして、
ちょっとだけ気になった。

ちなみに、
「自分の名前をゲームのタイトルにつけた」
んじゃなくって、
「自分の名前をゲームのタイトルにつけられた」
が真相なのだ!
それより、ちょっと前、
セガもハードの発売を中止したりして、
なんだか、ゲーム業界の
「恐竜の時代」が終わった感じがする。
(なんて聞いたら、
セガもスクエアもつぶれたわけじゃないから、
気悪くするだろうなぁ)
恐竜時代の終わりに、小型ほ乳類が出現し、
その後、栄華をほこったみたいな歴史の繰り返しが、
ゲーム業界にも起こるんでしょうか?
小さなソフト会社が生き残るのか?
どーも、問題はそんな簡単な「比喩」
ではすまされそうにない気もする。
大きな体を維持するために、
たくさん食べないといけない、
という本末転倒な構造自体は、
小さなソフト会社でも同じことだと思うからだ。
じゃ、どーすればいいのか?皆目分かりませんが、
小さな動物たちが「集団」という共同、
共生的関係でしのいでいることが多い、
ってあたりにヒントがありそう、という気もする。


ps:
時節柄、不謹慎とは思いながら、
映画「U-571」を見る。
潜水艦ものって、だいたいネタが同じなんだけど、
なぜか好き。
間一髪、危険な賭に勝つ船長って役が好きなんだなぁ。

« スプレー | | ゲーム・イミュレータ »