人間風車

2001/02/26(月)
【風邪】

きょうでかれこれ10日も寝込んでいる。
こんなひどい風邪を引いたのは何年ぶりだろうか。
最初の四日間は、まったく寝たきり状態で、
電灯もテレビもつきっぱなし、
ストーブもつきっぱなしで、
「もし、このまんま死んだら、
電気代もガス代もシャレにならんだろうなぁ」
とぼんやりした頭で考えたりした。
ともかく熱が出ると、人間はどうにもならない。
たった4度程度体温が上がったとたんに、
体は動かないは、意識は混濁してくるはだし、
あと1、2度くらい上がると死んでしまうんだから、
困った話だ。
一番怖かったのは、高熱でうんうんうなっているとき、
夜中突然猫がしゃべりだしたときだ。
「ムニュアン、ニャンニャン、ニャー」
と突然しゃべり出したのだ。
しかも寝ながら。
これには「あ、やばい、俺の頭」と真剣におもった。

後で聞いたら、どこの猫も寝言はいうそうで、
そうかわったことではないらしい。
でも、うちの猫はもう9年くらい一緒にいるのに、
寝言なんてはじめてきいた。
なにも、こんなときに、
寝言なんて言わなくてもとおもった。

熱の後遺症で、
全身が筋肉痛で寝にくくって仕方がないし、
右の耳が聞こえなくなっている。
味もニオイもよくわからなくて、
食事がつまらなくて仕方がない。
食べ物の味がわからない人が、
あまり食べることが好きじゃない
っていうのはよくわかる気がした。
これじゃあ、
腹が減っても何か食べたいっていう気にもなれないや。
とくにコーヒー。
味かニオイのどれかがごっそり失われてしまってて、
とても妙な味がする。
日本茶もしけった海苔の味がしたりする。

« ゲーム・イミュレータ | | 終身雇用 »