人間風車

2001/03/06(火)
【セントバーナードを食べないで】

東スポ情報なので、ちとあやしいけど、
スイスが中国にセントバーナードを食べないで、
と苦情を申し立てているそう。
セントバーナードは、スイスの国犬?なので、
やめてくれということらしい。

一方、中国では、
少ないエサですぐ大きくなるセントバーナードは、
かっこうの食用犬ということらしい。
そういえば、昔、
揚子江かどこかで謎の軟体動物が漂流していたときも、
地域住民がそれを取って食べてしまったので、
その正体がわからずじまいだった
という話を読んだことがある。

こういう話を聞くだに、中国人には感心してしまう。
全ての生きとし生けるもの、
全てを食べようとする食への欲求の強さはもちろん、
あらゆる生き物を(食べ物として)
「平等」に扱う姿勢に敬服すらしてしまう。

鯨は、知能が高くてカワイイから食べるな、
とかいっているどこかの国とか人に比べると、
潔いというか、筋が通っている感じがする。

もちろん、個人的には、鯨に限らず、
絶滅させてしまうまで採ってしまうことには反対だし、
愛らしいパートナーを食べたいなんて気は起こらない。

« 空気や水とアイデア | | ほしいけどいらないモノ »