人間風車

2001/03/28(水)
【ドコモに怒る】

503iは、
果たして流行っているんでしょうか?i
アプリってやつも。
自分では持ってもいないし、
遊んでもいないんで、なんともいえないけど、
ダメダメな雰囲気がする
(でも作ってるんですけどね)。
ダメな理由を10kbの情報量や、
携帯電話のcpuパワーのせいにする人も多いんですが、
やっぱ、問題は携帯電話料金でしょ、と思う。
通話でない場合、
携帯電話ではパケット通信料というシステムで課金される。
これは、情報を水に例えると、
バケツリレーで水を運ぶというiモードのやり方では、
バケツ1杯いくらという課金をするということで、
これはかならずしも、
つながっている時間とは同じではない。
あ、でも、少なくても、
つながっているけどお金がかからない、
というラッキーな違いはない。
話は逆で、例えば、
バケツに半分しか水が入っていなかったとしても、
バケツ1杯の料金を取られるし、
運ぶ途中でバケツがひっくり返ってしまったとき、
新たにバケツ1杯分のお金がかかる。
バケツがひっくり返ってしまうのは、
ほとんどの場合、ユーザーの責任じゃないので、
これはちょっとひどいと思う。
しかも、
「すんません、こぼしてしまったので、
もう1杯バケツ代かかっちゃいます。すんませんねぇ」
とか教えてくれるわけでもない。
いわずぼったくりなのだ。
このパケット代ってのが、けっこうバカにならない。
とくにiアプリあたりになるとシャレにならないらしい。
あるiアプリのゲームをクリアするためには、
50万円もかかるなどという話がある。
ゲームを提供している会社には、月額300円だから、
1ヶ月でこのゲームをクリアしたとすると、
ゲーム代金=300円、通信費=50万円と、
とんでもなくアンバランスな関係となる。
ゲームを制作しても、いただけるのはたった300円。
なのに、それを置く場を提供しているだけなのに、
50万円も持っていってしまうドコモ。
(しかもゲーム代からも、ある額、ドコモはひっぱる)
おまけにゲーム提供会社は、
ドコモからは「そんなに消費者がお金を
使ってしまうようなアップリケーションは作らぬように!」
とおしかりまでうけるとか、うけないとか。
しかもしかも、「これは有料コンテンツです」と、
アプリ側は事前に説明しなくてはいけないのに、
パケット通信費については、十分な説明がされていない。
ある意味、Q2よりタチがわるいよ、ほんと。

って、最近、ほんま、
ドコモにはいかってるのよ、おいら。
個人的な事情もあって(笑)。

« 困ったM君 | | 携帯電話雑談 »