人間風車

2001/08/10(金)
【肛門感覚】

ハゲとデブと痔にはなりたくないと思っていた。
(他にも、
なっちゃーヤバイことっていっぱいあるだろうに>おれ)
ハゲは、願いかなわずだったし、
デブは瞬間なったけど断食道場で脱出した。
そして、痔は今のところセーフ。
きっと、
体質的なことが一番の要因なんだろうけど、
お風呂でのマッサージが
効いているんじゃないかと思っています。
こんなこと、
書いてしまっていいんだろうかと思うけど、、、
ほとんど毎日、
お風呂で「お尻」のマッサージをしているんです。
これはは患部?を清潔にするとともに、
血行もよくするんで、
けっこういいんじゃないかと思ってます。
大腸癌の早期発見にもいいらしいし。
基本的には、
指は人差し指第一関節までしか入れないと決めていますが、
そこは人間。
どこまで入るか試してしまいたくなるもんです。
最初は、第一関節まででも大変なんですが、
慣れると結構入れられるようになるもんです。
おかげさまで、今では、その気になれば、
これ以上は指では無理、
ってところまで入れられるようになりました。
けっこう、
姿勢とか角度とかスピードとかの調整が難しいですよ!
さて、そんなことをしてたら、
ちょっとした発見が。
指をめいっぱい入れると、のどの奥が感じるんです。
あ、感じるといっても、快感じゃないです。
のどの奥を触られているように感じるんです。
どんな感じかというと、のどの奥に、
ちくわぶをつっこまれた感覚かなぁ。
下は下で、入っているっていう感覚はあるんですが、
のどにも入っていると感じるんです。
これは不思議な感覚です。
これはきっと「脳の中の幽霊」なんかで有名な幻肢
(事故などでなくなった腕や足が、
体のどっかを触ると、
ちゃんと存在しているようにリアルに感じること)
の一種じゃないかって思いましたね。
どういうことかというと、
体の位置としては全然違うんだけど、
それを感じる脳の場所(感覚野)が近いために、
あたかもそこを触られているように
錯覚してしまうと言うことです。
のどの感覚野が、
肛門というか直腸の感覚野に近いから、
同時にのども触られているように感じたんじゃないかと。
そういえば、肛門と口は、
消化器官の出口と入り口ですからね。
発生学的に言っても、ありえそうですね。
なんて、感心しながらすることでもないのですが。

« 迷惑メール | | 裸で歩き回る夢 »