人間風車

2001/08/17(金)
【ネコの言葉】

ネコやイヌを飼っている人ならわかると思うんですけど、
彼らも言葉を覚えるんですよね。
もちろん、日本語を覚える訳じゃないんですけど、
ボッキャブラリーが増えるというか、
鳴き声のパターンが増えるんです。
小さい頃は、ミャーだけだったのが、
ミャッ、ムニュアー、オゥゥ、ヴァッって具合に、
鳴き方が増えていきます。
一つ一つの感情というか情動に、
一つ一つの言葉があてはまっていく感じです。
これは明らかに後天的、
つまり人生(猫生)経験の中で学習していますね。
なんでだか、わかりませんが。
ともかく、
年を経る毎にだんだんと
しゃべりパターンが増えていくんです。
で、どうも、後のほうに覚える言葉ほど、
複雑な言葉なんですよね。
ていうか、
音節を切ってしゃべるような気がしてなりません。
ミャ、ミャ、ミャーイみたいに。
こういうことは、
昔実家でネコを飼っていたときには
感じなかったんだけど、、、
で、推測したわけです。
これはどうも、うちのネコは、
他のネコの声よりも
人間の声を聞く機会が圧倒的に多いので、
人間の言葉っぽいしゃべりを
学習しちゃった結果じゃないかと。
彼なりに、人の言葉のイメージをつかんで、
そういう風に鳴こうとした結果じゃないかと。
もし、親ネコと暮らしていたら、
もっと、ネコ的な鳴き方を覚えたんじゃないかと。
そう思って聞くと、結構、
日本語しゃべろうと
努力している風にも聞こえてくるんですよ。
なんてことを思ってたら、
こんな機械も出るんですねぇ。
ネコ版でたら、即買います。

犬に人間の言葉をしゃべらせる携帯端末『バウリンガル

« 裸で歩き回る夢 | | ハードディスクレコーダー »