人間風車

2001/08/30(木)
【巨人2位】

今年の巨人は2位ですね。
おとといのヤクルトの試合
(中日に大量得点を許したのに、
最後の最後に追いついてしまった試合)を見てて、
あ、これはもう、
ヤクルトの優勝だなと確信しました。
今年、巨人が優勝できないのには、
2つの意味で納得しています。
1つは、キャッチャー阿部を育てるための年だったこと。
今年の負けのいくつかは、あきらかに、
キャッチャー阿倍の配球ミスだったと思います。
でも、その失敗は、
阿倍にたくさんの栄養を与えたでしょう。
来年からの阿部は期待できます。
だから、今年は、阿部にあげてもイイというのが、
巨人ファン森川の気持ち。
もう一つは、
ぼくは巨人ファン以前に野球ファンであるということ。
その意味では、今年巨人が優勝できないのは、
ほっとするというか、当たり前というか、
そうあってほしいとすら思うことなんです。
というのも、今の巨人の野球は、
あまりにチープです。
ホームランバッターを金に物言わせて大量にそろえる。
で、たくさん点数をとって勝つ。
そんな原始的な、
脳死的な野球で優勝できたら、
野球って剛力だけのスポーツか、
ストラテジーとか、
そういうの全然進歩してこなかったんじゃない
ということになるじゃないですか。
野球は、常に進歩している。
ある意味、将棋や囲碁のように、
年々知恵や知識が蓄えられ、進化している。
そう思いたいじゃないですか。
ホームランバッターがたくさん点数を取るなんていう
単純なスポーツじゃなくって、
守ること、走ること、投げること、采配すること、
そういういろいろな能力の集積と
バランスだと思いたいじゃないですか。
今の巨人の野球は、RPGに例えれば、
戦士ばっかりのパーティーみたいなもんですよね。
だから、そりゃあ、攻撃は強いですよ。
でも、それでバトルが楽勝かといったら、
全然そうじゃないですし、楽勝だったとしたら、
そんなバトルはつまらいですよね。
実際には、戦士の他に、僧侶や魔法使いや盗賊やら、
そういういろいろな能力をいかにバランスよく構成して、
パーティーを作るかが大切であり、
楽しいのであります。
できのいいRPGのバトルは、
すべからく、そういうバランスになっています。
野球はできのいいスポーツです。
ですから、
今の巨人みたいなチームが優勝してもらっては困るんです。
ヤクルトや(弱いけど)広島のように、
攻守走のバランスがうまくとれたチームが
優勝してもらわなくてはいけないのです。
自虐的だけど、そう思うんです。

« セカンドブレイン | | 地球の自転速度を変える »