人間風車

2001/09/06(木)
【歌舞伎町の雑居ビル火災】

歌舞伎町の雑居ビル火災は、
すんでいるところと割と近いせいもあって、
友達や親から「大丈夫だったか」という電話やら
メールをけっこういただいた。
ありがたい話だけど、反面、みんな、
ぼくがそういうところ行くと思ってんだと思ったら、
ちょっと複雑な心境だった。
特に親。
ところで、今回の火災なんか見ていると、
人の人生なんてホントにちょっとしたことで
決まっちゃうんだというか終わっちゃうんだなぁと
しみじみ思いましたね。
というのも、
例の雑居ビルは2階も風俗の店だったんですよね。
2階がイメクラで4階がキャバクラだったそうです。
ぼくは風俗は行かないのでよくわからないので、
どういう違いがあるかよくわからないのですが、
2階の風俗店に行ったか、
4階の風俗店に行ったかで
生死がわかれてしまったわけです。
つまり、性の好みで生死がわかれたという、、、。
ぼくは、風俗や飲み屋には行きませんが、
パチンコ店とゲームセンターと
鉱石売り場と眺めのいいカフェが
入っている雑居ビルなら、
1000%入ってしまうでしょう。
どの店もこのみですから、
どの店(階)から入るかなんて、
そのときになってみないとわかりません。
今回の災害は、
そういう何気ない根拠のさほどない選択で
生死が決まってしまったと考えると、
無情を感じざるを得ません。

« 100万回に1回のこと | | 日本が重くなる »