人間風車

2002/01/30(水)
【プロレスそっくり。んで、誰が勝った?】

なんか、プロレスそっくり。
田中外相の更迭の一報を聞いてて、
プロレスそのまんまやんけと思った。
田中外相は、「ジョブ」
(プレロスで負けを引き受けること)
を引き受けないし、
かといって、鈴木議員や野上事務次官を
負けにすることもできないので、
レフェリー(自民党)としては、
両者リングアウト(みんな更迭)という形で、
勝負ナシ(グレー判決)のまま、
終わらせなくてはならなかったのだろう。
小泉さんもさすが総理までなった人だけあって、
立派なプロレスラーだったのね。
小泉さんが総理になったとき、
それまでのプロレス的政治が
変わるかもしれないと思った。
小泉さんは、K1やプライドみたいな、
フェイクなしの格闘技をプロレスの場に
持ち込もうとしているという気がして、
ワクワクしてたのに。
ちょっと残念。
さすがの小泉さんでも、
一気にはプロレスをリアルファイトへ変えるのは、
難しいんでしょうね。
それはそうと、
今回のNGO事件で、ホント、
日本の野党はダメだなぁと思っていた。
どう考えたって論点が違う。
問題は、
事務次官と外相との意見が違うことではなく、
誰の指図や判断だったかに関わらず、
外務省がNGOを参加させなかったことが
問題であることは、
小学生にだってわかるはずなのに、
どうなってるんだ、と思っていた。
でも、プロレスルールでは、
あの論争で正解だったんですねぇ。
野党としても外務省のやりかたを攻撃したとしても、
せいぜい、事務次官の首一つしかとれない。
それに比べて、言い分の違いを論点にしたとき、
事務方も鈴木議員にも
「負け」をつけられない自民党としては、
どちらの言い分が正しいかなんて、
わかっていても口にはできないわけだから、
3者リングアウトにするしかない。
野党としては、
一気に3つの首をとれることになる。
いや、今回のことで間違いなく
小泉内閣の人気は落ちるだろうから、
4つの首をとったことになる。
そこまで読んでいたとなると、
今回の幼稚とも思える野党の攻撃は、
かなり高度な戦略だったといえる。
では、この戦い、野党の勝ちかというと、
そうでもない気がする。
たしかにプロレスでは勝った、
でも、国民がさらにプロレスに興味を失った、
と考えれば、野党もまた負けと言える。

« 携帯電話の回収 | | 2chに本名で書き込む »