人間風車

2002/03/11(月)
【春が来た】

みんなは、どういうことで春が来たと感じるんだろう。
日が沈むのが遅くなったから。
キャベツのマキがあまくなったから。
ダイコンがおいしくなくなったから。
花粉症がはじまったから。
ボーナスが出たから。
ぼくは、抜け毛。
、、、、いやいや、ボクの毛じゃなくって、ネコの毛。
ネコは暖かくなると、冬毛が抜ける。
はんぱじゃなく抜ける。
かっかっかっと掻くと、軽い冬毛はぱぁと宙に舞う。
オーバーな表現じゃなく、
ネコの体から煙が出ているようにさえ見える。
冬毛とは、普通の毛の下に生えている
防寒用の羽毛のような毛なんですが、
これがたちが悪い。
しっかり静電気を帯電しているので、
舞った毛は、かけてある服にくっつく。
適当にちじれている冬毛は、
しっかりと毛糸の服にからみついて、
くるくるカーペットでもうまく取れない。
黒系の服が多いぼくとしては最悪である。
そこで、この季節になると、
掃除機をかけることが多くなる。
床や机でなく、ネコ自体にかけるのだ。
ネコの中には、掃除機の音だけでもイヤがるものがおおいが、
どういうわけか、うちのネコは、
自分にかけられても平気なのだ。
喜んでいるとさえ見える。
(決して虐待じゃないので、そこんところ、よろしく)

ネコは毛繕いをするとき、大量の毛を飲み込んでしまう。
だいたいは、胃から腸、そしてウンチとして排出されるのだが、
一部は胃の中でからまって胃の中で毛玉になる。
(毛は消化できないようだ)
このため、ネコは定期的に毛玉を吐く。
湯飲みに入った冬毛をつまみ出しながら、
ひょっとしたら、
自分の胃にも毛玉が溜まってるかもとか思った。

« Jフォン | | しょっぱい試合 »