人間風車

2002/03/25(月)
【ボードゲーム3】

続々ボードゲームが届いている。
なのに、こんな時に限って、
日曜日も出社しなくてはならないくらい忙しい。
とりあえず、梱包を空けて、パーツがそろっているか確認したところで、
それ以上は遊べないでいる。
据え膳食えぬは毒じゃー。

ボードゲームは、やっかいなことに4~6人くらいで遊ぶものが大半だ。
たいがいのゲームは2人でも遊べるとは書いてあるが、
それはルールが破綻しないという程度の意味合いであって、
プレイしてもおもしろくない。
今日日、なかなか4人とか集めるのはむつかしい。
しかも、1ゲームで60分から90分かかる。
ルールを覚え、コツがわかるまでに、
ちょっと努力と根気と脳みそを必要とする。
おまけに、ゲームをやっている姿は、あまり美しくない。
どちらかといえば、不健康そうに見える。
(実際、腰と目によくない、、、あ、これは徹夜するからか)
人がいる。
時間がとられる。
頭を使う。
不健康。
これは今もっとも敬遠される要素だから、
麻雀と同様、メジャーになれないのは仕方がないだろう。
しかし、TVゲームと違って、
カードを切ったり、サイコロを振ったり、コマを動かしたり
ブツを触りながら遊ぶってのは楽しい。
生身の人間との駆け引きも楽しい。
つまり、あらゆる面でTVゲームに比べてリアルなのだ。
日本じゃ、全然市場がないので、
なかなかボードゲームを作るチャンスはないけど、
作ってみたいなぁ。
(と、ずっと言い続けていると、結構、夢が通じたりするんですよね)

« ボードゲーム2_自分が怖い | | 自家発電 »