人間風車

2002/03/28(木)
【0.001%】

銀行の普通預金の金利が年0.001%になるらしい。
100万円貯金して、1年間に10円の利息がつくということだ(笑)。
10万円以下の貯金だと(銭なので)
「お金」としては引き出せなくなる。
1回の引き落とし手数料の消費税と同じ額ということだ。
これは、ただで預けろ(貸せ)というこですね。
タダで借りて利息をつけて貸すんだから、
こんな簡単でぼろい商売はない。
さらに、貸すときは、しっかり担保や保証人まで取るんだから、
まったくリスクがないといっていい。
これで商売が失敗することがあるなんて、信じられない。
ペイオフ制度が始まると、破綻しても、元金を保証しなくてもイイ。
それでいて、経営状態を預金者に公開する義務もない。
外形標準課税の対象となる心配もなくなった(笑)。
では、どうしたらよいか、ってーと、
こうなるとドル預金ですかね。
為替差益はどうかというと、
例えば、26日17時の円相場は、1ドル132.82円なので、
100万円だと約7529ドルが買える。
つまり、1年後、円が1円高くなったとして、そのときドルを売ると、
7529円の利益となる。
もちろん円高になれば、その分損をするんだけど、
ここしばらく円が強くなる要素って見あたらないから、
期待値としてはかなり高い。
ちなみに1年で10円の利益となると、
1ドルあたり、0.00132819763581円、円安になるだけでいい。
(しかもドル預金はだいたい年2.2%程度の利息が付くので、
少しくらいの円高になったとしても1年10円の利益は確保できる)
ということで、
近々に預金の大半(といってもたいしたことないけど)を
ドル建てにしてしまおうとしている私(半分はユーロだてにしようかな)。

« 甜茶 | | TVゲームとボードゲーム »