人間風車

2002/05/08(水)
【やめよっかなぁ】

この間ある人が
「もうねぇ、買わない人はどうしたって買わないわけよ」
と言ってた。
「今まで買わない人に、どうやって買ってもらうか、
そういうのはムリ、ムダ」
以前、その人がプロデュースした本達は、
今まで本をあまり読まない人、
買わない人を強く意識した作りになっていた。
値段を安く、読みやすく(字が大きかったり横書きだったり)、
装幀もラフなものにしてあって、
本ならではの威圧感をなくしていた。
それを見て、ああ、おもしろいこと考えるなぁ、
これいけるかもとか思ったのを覚えている。
しかし、結果は、期待通りではなかったみたいで、最初の発言に続く。
そうかぁ、買わない人は買わないんだ。
そういう気もするなぁと思った。
そういわれると、ゲームもそうだなぁ。
売れているのは、昔ながらのコアなゲームだもんなぁ。
コアユーザーしかやってない、買ってないってことなんだろう。
きっと映画もそうだろうなぁ。
ひょっとしたら服なんかもそうかもしれないぞ。
なにが原因なのか知らないけど、
そういう形の消費社会になっちまったってことなんだろうか。
となると、
まだゲームをしてない人、もうゲームをやめてしまった人、
そんな人にこそやってほしいゲームを作るんだい。
なんてコンセプトでゲームを作ってるあたしって、やばいのかも。
やめよっかなぁ、もう(笑)。
少なくとも、TVゲームは、
今仕掛かっているのが最後のような気がする。

ps:
誰にじまんしたらいいんだろう?これ↓

20020508.jpg

« 田舎暮らし | | 投融資 »