人間風車

2002/06/10(月)
【サッカーがらみで、、、】

きっと、今日更新されているインターネットの日記には、
ほとんど日本vsロシア戦のことが書かれてることでしょうね。
サッカーにはあんまり興味も知識もないぼくですら、
ず~~~っと見てましたもんね。
ほんでもって「さすがぁ、稲垣」とか
「柳沢のアシストが裏MVPだね」とか
100年前からサッカーファンだったみたいな感じに
語っているんだもん。

今回のチケット騒動で、
JAWOCは、全てバイロン社の手落ちであり、
我々も被害者だみたいなこといってますけどねぇ
、どうもバイロン社が困ったちゃんであることは、
前回の大会でもわかってたみたいだから、
そういう相手がどんなトラブルを起こすか、
そのあたりの危機予測をしてこなかったのは、
明らかに手落ちっすね。
たいがいの場合、
トラブルが発生してからでは手遅れなんであって、
仕事ができるってことは、
起こった後の対応力ではなく、
起こるかもしれないことの予測能力があることなのだ。
と(同じようなミスをしてしまった)自分にイエローカード。

それにしても、
サッカーもWカップ終わったあとどうなっちゃうんだろう。
あんな世界の名品見せられた後でねぇ、Jリーグ?
燃え尽きアンド飽きやぁしないだろうか、心配。
(と思ってたら、糸井さんも「ほぼ日」でそう心配してた)
飽きるで思い出したけど、
みんな飽きるの早いねぇ(笑)。
スターバックスも売り上げを落としているみたいですね。
特に女性は以前に比べて行かなくなっているよう。
その理由がずばり「飽きちゃった」ってことらしい。
スターバックスもユニクロの二の舞になってしまうのか、、、
品質がよくても、値段的にがんばっても、
それだけじゃあダメなんっすねぇ。
きびし~。
両者とも上場して、その資金で店舗を増やした
(んで、手に入りやすくなった)瞬間に、
売り上げが落ちているところを見ると、
手に入りやすさと飽きやすさは、
けっこう密接な関係があるってことなのかしらん。

再びサッカー。
サッカーのプレイ時間は、だいたい90分。
それに比べて野球のプレイ時間は延びる一方で、
3時間くらいかかることも多い。
野球がダメになってきている理由の一つは、
あきらかに、このプレイ時間でしょう。
今日的にはまったりしすぎ。
今世の中で最も不足しているのが時間と言われている。
そのため、食事時間も睡眠時間、
つまり「生きるための時間」でさえも少なくなってきている。
つまり、大げさに言えば、命を危機にさらしてまで、
1日のうちにやりたいこと、
やらなくっちゃいけないことがいっぱいあるということなのだ。
だから、1つのイベントが占有していい時間は、
昔に比べてどんどん短くなってきている。
邦画の興業成績が伸びない理由の一つに、
ハリウッド映画よりも上映時間が長いことをあげている人もいる。
ハリウッド映画は短くなる一方で、
すでに2時間を割る映画も出てきている。
一方、邦画はいまだに、
2時間20分くらいで短くなる傾向にはないらしい。
ハリウッド映画がめざしている上映時間(90分!)と、
サッカーのプレイ時間が同じなのは偶然だろうけど、
どちらも、見る側のテンションがほどよく続く時間である気がする。
1イベント90分が、今日の適正な時間なのかもしれない。
本やゲームなんかも、
従来、ボリュームがある→たくさん時間を必要とする
→時間単価が安くなる→お徳としてきたけど、
必要な時間ってことも、案外大事なことなのかも。

日本vsチュニジア戦は、
14日15:30からってーのは、定例ミーティングの真っ最中だ!
どーしよう(どうしようというのは、
ばっくれる理由をなににするかに対して)。

« 毒 | | シリコン脳の考え方 »