人間風車

2002/07/12(金)
【円高】

郵政三事業法案問題が、なし崩しで決着されたのを見て、
「これはもう日本はダメだ」と思ったボクは、
ある日の深夜、銀行の預金を全てドル建てにしてしまった。
今までなら、
円預金をドル立ての預金にするのは銀行(の2階)に行って、
めんどう(そう)な手続きをしなくてはならなかったけど、
今ではインターネットを使って簡単に、
しかも何時でも手続きできてしまう。
てなことで、
そういう方面に対して全くものぐさなボクでさえ、
簡単に手続きできてしまう。
てなことで、めんどくさいので、
月々の振り込みなど分を残して全部ドル建てにしてしまった
(と書くとたいそうな額に聞こえるけど、ぜんぜんたいしたことない)。
これはボク的には「日本よ、さらば」という決意だった。
こんな無策な政治家たちには、日本の復興は望めない。
おれは経済的にはアメリカの子になる!
と思った次第。
一応、虎の子をあずけるわけだから、
それなりにタイミングを考えた結果だ。
それまで1ドル124円台でウロウロしていたが、
日本経済の底入れの兆し(からか)、徐々に円高が進行。
おおかたの(ホントあてにならん)経済評論家の
「1ドル120円が円高の歯止めの目安になるだろう」
という言葉を鵜呑みして、
1ドル121円というタイミングで振り替えた。
そのとたん、エンロンについでワールドコムの不正監査疑惑が浮上。
アメリカ経済のあやうさというか
病んでいる面を見せつけられることになる。
(って、ボクが、そういうことに暗すぎただけなんだけど)
1週間ちょいで、円高が急激に進む。
おまけに、
ボクが想像してた以上に頭が悪かった日本政治家(しおじー)が、
誰がどう聞いたって
「1ドル115円ですね、歯止めは」的発言をするに及んで、
1ドル116円まで円高が進んでしまった。
つまり円<>ドル振り替えの手数料を含めると、
ボクは1ドルあたり7円の損をしたことになる。
はっきりいってシャレにならん(涙)。
こう低金利な時代、預金金利より為替差益のほうが大きいなんて、
簡単な話じゃないんだなぁ。
こういうことはもっと、緻密にこまめに慎重にやらんといかんらしい。
だいたい、インターネットでそういうことをしようなんてする人
(=めんどくさがり屋)が、
為替で遊ぶ(=こまめで慎重な人でなくてはならない)なんてことが、
そもそも矛盾しているのだ。
と高い授業料を払って学んだ。
ちなみに、今更円に戻せないので、
さらにドルを定期預金に切り替えてしまった。
6ヶ月後、相場がどうなっているか楽しみ。

« 台風 | | 幸せ太り »