人間風車

2002/07/16(火)
【幸せ太り】

雑誌ネタなので、ちょっと怪しいけど、
どうもネコは「幸せ太り」をするらしい。
ネコでも犬でも、最近では肥満ちゃんが多い。
犬の場合は、一気に食べこむ性質があるらしいので、
エサを与えすぎると、食べ過ぎて太る。
それにだいたい、
運動といってもちょっとした散歩ぐらいだから
簡単に肥満になるらしい。
一方、ネコは本来、単独行動でエサをとる習性があり、
持久力がなくって、
瞬発力だけで生きてきたっていう歴史があるため、
肥満にならないよう(瞬発力がなくなるから)、
自分で食べる量をコントロールできるらしい。
たしかに、昔から「ネコ残し」という言葉がある。
ネコは、どんなおいしいものでも
(必要以上に絶対食べないので)、
よく残すという意味だ。
ところが、最近の飼い猫は肥満ちゃんが多いらしい。
エサが高栄養化したことが原因かというと、そうでもないらしい。
室内で飼われているから運動不足が原因かというと、
そうでもないらしい。
(だいたい、ネコが元気に動き回ってる姿ってあまり見ない)
ゲージに飼われながら、たっぷりのエサを与えらても、
ネコは太らないらしい
(そういう「研究」があるのはちょっとかわいそう)。
では何故太るのか、実のところ、よくわかっていないらしい。
ところで、最近の飼いネコで、エサを食べているところや、
ウンチやおしっこをするところを見られても平気であったり、
主人に腹を見せながら寝たりしているネコが増えたらしい。
これは本来のネコの姿ではない。
野生を忘れ、安心しまくっているネコが見せる姿だ。
そういえば、ペット本なんかには、
ネコは神経質なので、トイレをのぞいたり、
ご飯を食べているところをじろじろ見ないように、
なんて書いてあったっけ。
この野生が壊れているネコが、太っていることが多いのだそうだ。
つまり、身も心も安心しきったネコが太る、
「幸せ太り」がネコにはあるらしいということだ。
ちなみに、うちのバカネコは、肥満度1くらいの体型をしている。
うちのネコは、自由に外に出かけられるから、
運動不足ではないはずだし、
特別、高カロリーなものを食べさせているわけでもない。
一方、トイレもご飯も見られても平気である。
っていうか、なでられながらご飯を食べるのが好きである。
また、腹を見せ、よだれを垂らしながら寝ているし、放屁もする。
だから、たしかに幸せ太りってあるかも、とか思った。
ちなみに、人間の女性も幸せ(とくに食べ物的快楽)と
脂肪の蓄積率には関係がある、
なんて記事も読んだことがある。
なんか、生理的なつながりがあるんでしょうね、幸せと太ること。
太っている人が幸せそうってのも、
単に外見上の問題ばかりじゃないのかもしれない。

« 円高 | | オスが求めてメスが選ぶ »