人間風車

2002/07/31(水)
【ぼけぼけでR】

ぼけぼけでR(古い!)。
太陽をさけ、吸い込まれるようにスタバに入り、
「カフェラテのダブル」と注文する。
(どんなに暑くっても、アイス系は飲まないのだ)
すると、
「大きさはどうなさいますか?」と店員がたずねるので、
あ、聞こえなかったかなと思って、ちょっと大きな声で、
「ダブル!」と答える。
すると、店員さんは、にっこり笑みを浮かべながら
(でも目の奥が笑っていない)
「大きさはどうなさいますか?」という。
どういうことなんだぁあああああああ?
と、ぼけぼけの頭をフル回転して、再び
「だからこのダブル、、、」とメニューを指さして気がついた。
スタバはトールなんだった。
ダブルはいきつけのフレッシュネスバーガーだった。
ああ、こっぱずかしい。
「カフェラテ」なんてフルで言ったのもかっこわりい。
「ラテのトール」ってさらっと言わなきゃだわ。
店員も他の客も「だせぇ」と思ったに違いない。
しかし、そもそも、たかがコーヒーのサイズに、
Lだのラージだのダブルだのトールだのグランデだの、
いろいろあるのがおかしい。
まぎらわしい。
っていうか、店毎で名称を覚えないといけないのがうっとうしい。
っていうか、残り少ない(脳の)メモリーをそんなことに使いたくない。
日本なんだから、大中小でよろしい。
あるいは松竹梅でよろしい。
 ●
近くの「ジャマイカうどん」(こんな名前でもカフェ)
で昼ご飯を食べていたら、
ヒスパニックらしい人達がいて、一人が、店員に、
「セニョリター、これらの値段を出してくーださい」と言っていた。
どうも「お勘定」という意味らしい。
う~ん、確かに意味は通じるぞ。
本かなんかで、日本語を独学したんだろうか。
ちょっとかわいかった。

« 昆虫が海にいないわけ | | なんで暑いのは不快なのだろう »