人間風車

2002/08/06(火)
【住基法案】

「生身の人間を背番号で管理するなんて、
非人道的なことを断じて許すわけにはいかないのですよ」
と、自信満々に語る政治家を見て、うわぁと思った。
だって、じゃあ、電話番号は、、、?
ああ、つっこむのも怖い(笑)。
これを聞いて、ぼくも住基法案に反対という気持ちになった。
推進派の中にも、
この反対派の人と同じくらいデジタルというか
コンピュータに音痴な政治家がいるはずだ。
そんな人にデジタル管理されたんじゃあ、たまったもんではない。
今まで通り、紙で管理してほしい。
どうせ、デジタル管理になって作業が大幅に削減できても、
人員コストがさがる訳じゃないだろうし、
スピードの改善もそうは期待できない。
だいたい、正式な身分証明書というものがないんだから、
どのみちオンラインで全て済むなんてこともなさそうだ
(サインアップできない)。
インターネットで申し込みして、
役場に行って(身分を証明する代物をもって印鑑押して)
発行してもらう、
なんてことになりそうな感じ。
デジタル管理による恩恵と
情報流出や改ざんのリスクのバランスが悪すぎる気がする。
それはそうと、「背番号」は11桁らしいんだけど、
果たして、そんな小さな桁数でいいんだろうか。
また、電話番号や郵便番号の時のように、
後から桁を増やすことにならないだろうか。
人事?ながら心配。
現在の日本の人口は、1.2億人だから、9桁で足りる。
しかし、こうしたIDを管理するためには、
たいがいリストチェック用の桁が必要となる。
また、保存すべきデータは10年や20年っていうわけじゃないだろう。
これからあの世にいく人、
これからこの世に来る人の分の「背番号」も
用意されていなくてはならない。
そう考えると、11桁で足りるんだろうかと心配になる。

« ほめること | | すばらしすぎるお役所 »