人間風車

2002/11/14(木)
【ちょっと足りない】

あのスタバが、業績が急速に悪化、株価も急落したそう。
この事実を見て確信したね。
「ちょっと足りないサービス」が大切なのだと。
足りないから求められるのだと。
満たしてしまえば飽きられるのだと。
「足りない、もっとほしい」
というユーザーの声にダイレクトに応えてしまうと
「飽きた」という答えが返ってくる。
ビジネスチャンスとばかり、十分な量を提供してしまうといけない。
ユニクロにしたってスタバにしたって
オーナーのビジネスセンスってスゴイはずであって、
意識のどっかでは、
十分に与えてしまうことは
ヤバイかもくらいの危機感は感じているはず。
でも、そうしないことは目の前のお金を
取りこぼしている感じがしてしまうから、
そんな自分に対して、
「ニーズにあった十分なサービスの提供が我が社の使命」なんて、
いいきかせちゃうんだろうなぁ。
これだから商売はむつかしい。
知り合いの夫婦で、お互い共稼ぎでロケとか出張とかが多くて、
家庭内独身状態が多い夫婦を知っているけど、
この夫婦は実に仲がいい。
もちろん、
一緒にいる時間が短いイコール仲がいいなんてことでないけど、
もう少し一緒にいられたら、
といつも軽く「飢えている」から常に
「一緒にいたい」という気持ちを維持させてるんじゃないでしょうかね。
永田農法っていうのも、水や肥料をギリギリまでおさえて、
野菜の生きていく力を引き出すってことだし、
断食なんかも、身体に軽い危機感を与えることで体質を変化させる。
京懐石料理なんかも、お上品な盛りにリピーター効用があるんだろう。
もう少しほしいってあたりで止められるから、
もっとほしいという欲求の火を消さないでいられるんだろうし、
これ以上足りないとやばいかもと火が消えない努力もする。
だから、ちょっと足りないあたりがジャストぼなボリュームなんだろう。
ただ、死んでしまうほど飢えさせてはいけない。
そうおもうだに、
ゲームの腹一杯感のサービス提供ってのはダメダメじゃんと思う。
それはそうと、
「満たしてしまうまでは与えない」って、
女性が本能的に持っている
「戦略」そのものであることに驚愕(極めて私感)。

ムームーの小物達#2 プッカのあみぐるみ2

20021114.jpg

« 20代 | | 消費は美徳 »