人間風車

2003/02/11(火)
【汚ギャル】

「生で食べられるホウレンソウなんです」とか
「刺身でも食べられるんです」
なんてことが「売り」として語られる。
どうしてまあ、
日本人ってこう「生で食べられる」ことをありがたがるんだろう。
もはや、新鮮であるとか、清潔であるとか、
そういう次元の価値観ではない気がする。
 ●
なんでも一週間以上も風呂に入らないとか、
下着を替えない若い女の子がいるらしい。
そういう女の子のことを汚ギャルというんだそうだ。
(って、古いか>おれ!)
若いのに、女性なのにってことで、
彼女たちを嫌悪の目で見るってのはどんなもんかと思うけど、
じゃあ、そういう子好きかと言われたら、
ちょっと遠慮してしまうな(何を)。
でもふと思った。
彼女たちは、
ひょっとしたらアトピーとか花粉症にならないかもしれない。
もともと、これらの病気は清潔が「原因」と言われてて、
免疫系がヒマしているのが原因なのだ。
このため、衛生状態のよくない東南アジアでは、
それらの病気はないと言われているし、
日本でも、
レゲーのおじさんたちにはそれがないことが知られている。
ちなみに、他の皮膚病にもかかりにくいらしい。
汗とともに体外に出た脂肪酸が分解され作られた乳酸が、
風呂に入らないので、いつまでも皮膚を殺菌してくれているわけだ。
汚ギャルは、風呂にも入らず、
不規則な生活をし、ジャンクなものを食べ、
地べたにウンコ座りしてたりすれば、衛生状態は悪いはずだから、
きっと免疫系は大忙しのはずだ。
健康であることと清潔であること、どちらが偉いんだろ。
っていうか、是非、
彼女たちが汚いおかげで健康であると証明されてほしい。
そして、しかめっ面で彼女たちを見ている評論家達を
ぎゃふんと言わせて欲しいモンである。
でも、ぼくは一生関わりたくないけどね。


ムームーのまかない#12
チキンのトマト味のスープ、マカロニ、浅野屋のパン
20030211.png

« プリプリの週末 | | ギャップ »