人間風車

2003/04/09(水)
【2度目のライオンキング】

2度目の「ライオン・キング」を見てきた。
出演者のミュージカルの技量がどうのこうのは言いっこなしだ。
ジュリー・テイモアの手による、
キャラクターのデザインと舞台芸術がすごい。
写実性だけに目をやっているゲームのグラフィックなんて、
100万光年離されてしまっている感じだ。
アフリカの化粧や衣装、
インドネシアの影絵や衣装、
日本の文楽の手法や歌舞伎の書き割りなどなど、
非ヨーロッパ系のデザインをハイブリットに取り入れている。
妙にインテリ的にならずに、
適当に誤解しながら、おいしいところは全部いただき
というあたりの「謙虚」な思想と姿勢がすばらしい。
ちなみに、彼女が監督をした映画「タイタス」も
衣装や舞台装置はすばらしい。

劇中に出てくる影絵は、なんか心の奥に引っかかるものがあった。
そうそう、そこらへんって感じ。

ムームーのまかない#35
釜揚げうどん
(具:鳥の醤油煮、天ぷら、ダイコンおろし、
納豆、おかか、塩昆布、揚げ玉、薬味)
20030409.png

« リスクを負えるということ | | 44 »