人間風車

2003/04/25(金)
【大工仕事】

内装をすこしいじるので、大工さんにお願いする。
打ち合わせは現場でということで、朝9時スタート。
寝るのが7時くらいなのでつらいことつらいこと。
さて、どのくらい壁を切ろうかとその場で相談。
大工さんはメモでも描くのかなと思ったら、
おもむろに、ホストがお酌するように片膝をついて、
ズボンの膝の部分にボールペンで線を引き出した。
(消えるのか!かあちゃんに叱られないのか!)
とも思ったけど、なんか男の仕事だぁと感動。
「えっと、ここが900で、これが1900までだから、
1000ってことですね」
(おお、ミリ単位だぁ。意外と細かい)と
これまた違うところに感動していると、
壁に簡単な線を引くと、いきなりのこぎりをひきはじめる。
なんか当てないとずれないのかなぁと思ったら、
案の定、線からずれるが、
「だいじょうぶですから、ここ後でパテで埋めますから」
と平気な顔。
(っていうか、じゃあミリ単位って意味あるのか)
と思ったけど、その大さっぱさんにこれまた感動。
なんか、普段自分のしている仕事が、
ああ、この文字は10ptか11ptかとか、
1ミリか1.2ミリのラインがいいか、
この出現確率は20%がいいか25%がいいかとか、
なんかすごく「ちっちぇー」ことに思えてきてしまった。
一度、大工仕事みたいに、
そこはざっくり半分ね。んでだめだったらナシってことで、
とかそういうざっくりとゲームのデザインをしてみたいもんだ。

« 引っ越し2 | | 最大の危機 »