人間風車

2003/05/15(木)
【ディスポーザー】

夏を前に、生ゴミが出るのをなんとかしたいと思い、
生ゴミを乾燥して肥料にしてしまうマシンを買うか、
ディスポーザーを入れるか悩んで、
結局、ディスポーザーを入れることにした。
たしかに、生ゴミ処理機は魅力的だけど、
やっぱり乾燥処理中にニオイが
完全に出ないというわけにはいかないようだ。
そもそも、夏場生ゴミのニオイがするのがイヤだから、
ってのが動機だからこれはまずい。
それにきっと数回試したら、
付け焼き刃のエコ心はすぐに飽きてしまうに違いない。
だいたい、
できた肥料をどうすればいいのか、花壇の一つもないのに。
ということで断念。
ディスポーザーはこの点問題ない。
それにどうやら、生ゴミを燃やすとか埋めるより、
下水に流す方が環境に優しいらしい
(ま、メーカーの話なので、話×0.5に聞かないといけなさそうだが)。
たしかに、生ゴミを下水に流すのがいけないのなら、
ウンチを下水に流すのもいけないことになる
(バクテリアにとっては同じようなもんだから)。
海や川を富栄養化してしまうのは、
主に洗剤のリン分がいけないのだし。
そういえば、知り合いの人で、
自宅でご飯を食べるときは、
お腹がいっぱいになっても、無理にでも全部食べるという人がいた。
生ゴミが出る(増える)のがイヤだからだそうだ。
お腹に入れれば(ウンチにしてしまえば)、
トイレに流せるので便利といっていた。
ちょっと違う気もするけど、
それはそれで合理的な考えと感心したのを思い出した。

« 業務提携 | | 壁のぼり »