人間風車

2003/05/28(水)
【空気清浄機】

もっか、必要ないけど欲しいものベスト1は、空気清浄機だ。
その中でも、TVショッピングでおなじみの「イオリー霧」
(とかいて"いおりーむ"と読ませるが、
で、いおりーむって何?)が一番気になる。
マイナスイオンを出す仕組みとして、
水を超音波で振動させるってあたりが、
科学的に正しい気がして
(ホントのことはわからんけど)そそられる。
強力な電圧をかけ電子を放出する
(これをマイナスイオン発生とよんでいいのだろうか)
装置はいっぱいあるけど、
滝の近くのような効果(レナード効果)となると、
水分子を振動させる仕組みは、もっともらしい気がするのだ。
ところが、ここからがいけない。
水の濾過やPH調整のために珊瑚を使っているのだけど
(この効果は熱帯魚関係で有名)、
この珊瑚がさらにマイナスイオンを出すとか、
水のクラスター(巨大分子集団)を
壊してそれで殺菌するとか言われると、
ちょっと科学からはずれてしまって、
一気にちょっと待てよって気分になってしまう。
「貯めた水を珊瑚で濾過したのち、
超音波で振動させレナード効果を得る」
だけだっったらよかったのに。
さらに、電子機器に囲まれているとプラスイオンが
たくさん発生ってあたりの説明も残念でR。
ということで、ちょっと様子見にすることにした。

ps:
それにしても、人差し指1本使えないだけで、
なんとキーボードが打ちにくいことか。
キーボードタイプに限らず、
全活動が30%くらい効率ダウンしてしまった。

« 便利とは | | 小型化 »