人間風車

2003/05/30(金)
【小型化】

左にありますように、
「テロメアの帽子」の韓国版が出版されました。
「マッチ箱の脳」のほうも翻訳が進んでいるようで、
ありがたい話です。
あ、それだけの話ですが。

アリを見てて大したもんだと思った。
あんなに小さいのに、正確にすばやく動くし、自律的判断もできる。
アクション数も多いし、3Dというか、
よく見るとファーシェーディングもされているし、
とわけのわからん感心をしてしまう。
ともかくあんな小さなボディーに
あんなに機能がつまっているてのがすごい。
昆虫の祖先も昔はかなり大きかったみたいだけど
(2mを越すトンボがいたりとか)、
昆虫に限らず、
進化とともに生物はスケールダウン化の一途をたどっている感がある。
スケールダウン化する理由は、
大きな図体だと生存コストが高いので、
急激な環境の変化に耐えられないため、絶滅してしまった。
それに対して、小さな身体は維持コストが低いので、
つらい環境になってもそれに耐えられる可能性が強いということだ。

一方、人間がロボットとでも家電でもコンピュータでも最初はでかい。
それが技術の進歩とともに、
だんだん部品が小さくなり集積されていって小さくなる。
小さくなるだけじゃなくって、機能は追加されたり高性能になっていく。
と思うと、生物も、適者生存の合理性から小さくなったのではなく、
ひょっとすると、神様が現在もまだ生物のデザインを続けていて、
その技術革新の結果、
どんどん小さくなっていってるんじゃないかとふと思った。
アリがいつ今の大きさになったのか知らないけど、
昔はもっとおおきかったはずだ。
神様も昔は大きいアリしか作れなかったけど、
だんだんと腕があがってきた結果、あそこまで小さくできたとか、
進化ってそういうことかもしれないなぁとふと思った。

« 空気清浄機 | | もろもろ »