人間風車

2003/07/15(火)
【デジタル万引き】

本屋で、本の必要な情報を携帯のカメラで
写し取ることを「デジタル万引き」というらしい。
というか、出版界がそう命名したらしい。
なんか感じの悪い言い方だ。
どうせ言うなら情報万引きだろうし。
デジタルだから違法なのか?
紙や、頭に記憶するのは違法じゃないのか?
アナログとデジタルみたいなわけかたをするアタリが痛い。
どのみち、これを法的に取り締まるってのは、
むつかしいだろうし、
だいたいおかしいというか相当恥ずかしい。
記憶した情報でお金でも儲ければ別だけど、
個人が記憶した情報を個人の生活に
利用することは法律で認められている。
それが万引きだったら、
立ち読みも視聴も全部万引きってことになってしまう。
さらに、情報やアイデアの無断利用は
大人が今までにさんざんしてきた。
日本人はブツに対しては気前よく対価を払うが、
アイデアとか情報といった物質でないものに対しては、
非常にケチだ。
ケチというかそういうモノが
対価を払う対象であるという認識すらない。
「そのアイデア、いただき!」なんて、
全く悪気もなく言われて、ビックリしてしまうこともある。
「デジタル万引き」ってのは、
情報はタダという今までの(大人達の)
価値観に起因していると思う。
出版界は、デジメモされまいとするより、
デジメモされることでさらに売れる、
販促につながる、
そんな逆転のアイデアを
考える方が未来があるような気がする。

ps:
朝青龍と旭鷲山の遺恨。
http://www.nikkansports.com/ns/sports
sumo/p-sp-tp1-030711-0006.html
http://www.nikkansports.com/ns/sports
/sumo/p-sp-tp1-030714-0002.html
次の場所の対戦は絶対見逃せないのだ。
プロレスもこのリアルなワクワクする遺恨を見て、
自分たちの稚拙な遺恨演出を反省してもらいたいものだ。

« 個展終了 | | ちぇっ »