人間風車

2003/09/02(火)
【タンパク質ダイエット】

この夏の天気予報的中率がでた。
関東甲信の正解率は52%、九州北部では49%。
どのくらいの精度で当たった、
当たらなかったを判定しているのかわからないけど、
いい天気、悪い天気だったら、
ゲタを使っても正解率は50%となるから、
いかにすごい成績かわかる。
逆に言えば、この的中率の逆数が、
異常気象度を表しているといえる。
 ●
なにかにつけてマスコミが「不安、不安」を連発するのは、
不安がっているのは自分だけでないことが
わかるという意味で効果があるんだろう。
特にテレビは、
そういう一般人の潜在的欲求をくみ取るのがうまい。
不安の逆は「安心」なんだろうか?
「幸せ」なんだろうか?
われわれの求めているのは「幸せ」でいいんだろうか?
「安心」も「幸せ」も往々にして他者との比較、
とくに量的比較で査定してしまいがちな点が危うい。
むしろ、
仏教の勧めるところの「楽」を求めるのが正しい気がする。
(と、にわか仏教かぶれ)
 ●
ふと思ったんだけど、
体脂肪は、ブドウ糖と脂肪酸から作られる。
ブドウ糖は果物や甘いものや炭水化物からしか作られないので、
つまり、それらをとらないと脂肪は作れないってことになる。
となると、ダイエットのためには摂取カロリーということよりも、
炭水化物や甘いモノの摂取が問題なのだ!
ではカロリーが多いタンパク質ばかり摂っていたら、
いったいどうなるんだろう。
タンパク質は分解されてもアミノ酸になるだけだから、
原理的に言えば体脂肪にならないはずだ。
と思いさっそく実験。
ここ2日極力炭水化物を摂らない、
でも高カロリーのタンパク質は
たくさん摂るって生活をしてみたら、
2日で2kgやせてしまった。
ただ、炭水化物を摂らないってのは
あまり健康にはよくなさそうなので、
夜だけ摂らないというほうがいいのかもしれない。
なんてのはダイエットの常識なんだろうな、きっと。

« ドキュメンタリー | | 脳の栄養 »