人間風車

2003/09/24(水)
【エッセン'03】

今年のエッセン'03は、10月23日から行われるらしい。
どんな新作が発表されるか楽しみだ。
日本にいるとピンとこないけど、
ドイツ(やヨーロッパ)では、ボードゲームは大変な人気で、
年間200タイトル発売されるともいわれている。
ドイツのボードゲームは、日本のTVゲーム、
アメリカのトレーディングカードと並んで
世界の3大なんとかと表されるくらいなのだ。
遊び(ルールや世界観)の多様性は、
日本のTVゲームより上回っていると思う。
よくまあこんな遊び考えつくものだと、
いつもいつも驚かされる。
大人でも十分に楽しめる、
単純でありながら深い遊びっていう意味でも、
日本のTVゲームをはるかに上回っている。
ドイツ人おそるべき!。
今まで、TVゲームとボ?ゲームは相性が悪かった。
複数でプレイする際、
相手のカードが見えてしまったりするからだ。
しかし、
PSPは、LAN機能を持つと発表されているけど、
ゲームマシンがネットワークに
つながるのが当たり前の時代になると、
いよいよ、その親和性は高くなる。
ボードゲームが生み出した多様な「遊び」が、
いよいよTVゲームにも「使える」時代がきたわけだ。
つまり、ムームーの会議室の押入いっぱいのボードゲーム達は、
いよいよ減価償却されるわけであり、
今後の購入は、先行投資ということになり、
恒例のボードゲーム大会は、研究会になるわけである。
つまり、ボードゲームを買うのも遊ぶのも、
これからは「仕事」の一環となるわけであるから、
がんばって買って遊ばないといけない。
買うぞ~~~!

« 山体崩壊 | | 原作 »