人間風車

2003/10/02(木)
【もろもろ】

「くまうた」の映像が公開されたので、
興味のある人は見てみてください。
SCEJのサイトに行って、
「くまうた」の欄の"movie"をクリック。
 ●
秋に出すぞ!といっていた
展覧会の絵を中心とした絵本をあらかた描き上げた。
ので、年内には出せそうだ。
またまた、一つ「仕掛け」が入っているのだけど、
今回は「謎解き」はやめようかと思っている。
そういう仕掛けがないと創れないようじゃダメだなぁと思いつつ、
実は、もう1冊、そういうのを描こうと思っていたりもする。
 ●
高齢化が進んでいてる。
65才以上の人の割合が20%に達して、10年後には25%になる。
麻雀をやると1人は65歳以上という計算になる(計算じゃないか)。
老人ばっかりの社会は、金のかかる割には働きの悪い、
文句ばかり言い斬新なアイデアを出ない、
沈滞した(そして復興できない)社会になってしまう。
(もっともスローライフ提案者には良い社会となるかもしれないが)
人類史上、誰もこうした人口構成を経験していないのも問題だ。
どこかの国を見本にするということができない。
世界で初めて、
日本がこうした老人社会に突入して対処していかなくてはならない。
マネっこ日本にとって、人類史上初の国家的対策をするなんてのは、
とっても荷が重いことだ。
自分も少子化に荷担している一人なのでアレだが、
一般的にどうしてまぁこんなに子供を作らないんだろうか?
経済的に苦しいからか?
将来が不安だからか?
こうした傾向は今後も続くんだろうか?
選挙と人事しか興味がない政治家さん達が、
早急に福祉(子育て)問題を解決してくれるとは思えないので、
少子化を前提として、老人社会化を阻止しないといけない。
いろいろ方法はあるだろうけど、
一番手っ取り早いのは、帰化促進だ。
子供を産んで育てるのがむつかしいなら、
海外の青年の帰化を積極的にすすめて、
一気に成人を増やしてしまう作戦だが、どんなもんだろう。
(どんなもんだろうも、クソもないかw)

« クレッチマーの性格分析 | | 逆輸入 »