人間風車

2003/10/31(金)
【感心や感謝や尊敬】

稲穂は実るほどに頭を垂れて、、、食われてしまう。
そんなことはどうでもいいんだけど、
感謝や尊敬しているときってーのは、
相手よりも自分の方が気持ちがいいもんだ。

近所の方らしい男性カップルがいつも
フレンチブルをつれて散歩している。
なごやかで、うらやましい光景だ。
あ、犬のほうね。
  ●
『ニュース・ステーション』で日本の未来は競争社会になるか、
平等社会になるかとか各党の長に聞いていたけど、
競争社会が悪いわけでも、
平等社会にしなくてはいけないわけでもない。
失敗してもイイ(立ち直れる)チャンスのある社会であればいい。
と思った。

今出ている『ファミ通』(11.14号)の「浜村通信」
(浜村編集長の雑記)に
『くまうた』のことが紹介されている。感謝。
このコーナーのことは知っていたんだけど、
浜村さんが気になったゲームの制作者のところに
毎回わざわざ取材に行っているんだ(つまり来ていただいた)
とわかってびっくりしたり感心したりしたのだった。

やれやれとみんなに勧められているゲーム『逆転裁判』
ですが、まだ触ったくらいしか遊べていない。
しかし、その内容や作り方、それに売れ方には感心する。
オーソドックスというか古き良き時代の
「アドベンチャー」タイプのゲームなんだけど、
なんだかルールってこのくらい(の軽さ)がいいなと思った。
昨今のお気に入りの『神剣ドラゴンクエスト
という剣を振り回すだけのゲームや、
5秒で終わってしまう『メイド・イン・ワリオ
などを体験するだに、
ルールはシンプルであればあるほど良いという
当たり前のドグマにいきあたる。
『逆転裁判』は、
かなりの少人数で作っているらしいけど、
1~3まですごくイイテンポで発表している。
このテンポはすばらしい。
シリーズを作るとき、
作り手ってつい新しい遊びを付加することに注力しすぎて
(制作時間が延びて)、
お客の食べるスピードに合わせて料理を出すという
タイミングっちゅー大切な要素を忘れがちである。
そのあたりがすばらしい。
さらに、大々的に広告宣伝していないにもかかわらず、
口コミで広がっているのもすばらしい。
ただ、単発だったら、
この作戦?は成功していなかっただろうと思う。
絶妙のタイミングで2が出たために、
火がついた感がある(実際に、2が出てから1も売れ出したと聞く)。
内容はともかく、こうした作り方、発表のしかたができるなんて、
スタッフももちろんだけど、統括ディレクター、
プロデューサーの人が相当できる人なんだろうなぁとリスペクト。

« すはみちれ | | ミラノ式情報屋 »