人間風車

2004/07/21(水)
【39.5】

「マイ体内時計」
こんなことができるんだ。
「おれ的には今何時なんだ」ってのは、相当知りたい。

「東京39.5度」こんなとき、
長袖、長ズボンで野球やってる子たちがいるなんて、
想像もつかない。
よく死なないもんだ。
それにしても、この中途半端な熱をなんとか利用できないか。
もったいない話だ。
うまく備蓄とかできないものか。
ボンネットで目玉焼きができるくらいなんだから、
なんかありそうな気もする。
目玉焼き屋でもやるか!、、、
というくらい熱にやられてるってことか。
っていうか、
これで来年の花粉の猛威が確定したわけでして、
さらに憂鬱。

そういやあ、
「小さいゲーム」の例えで3800円のお菓子箱って書いたら、
どっかで
「モリカワが次世代機のゲーム価格は3800円だ」
って言ってると書いてあったらしい。
確かにそう取れる書き方だったけど、
本人にはそんなつもりもない数字だったんで、
申し訳ないことをしますた。
次世代ゲームの値段は安くなるだろうと言うことは、
そこら中で言われているので、
だいたいそのくらいかなという程度の根拠しかないです。
だいたい、
クリエイターごときには、
値段とか発売日とかは決める権利もなきゃあ、
教えてもらえるのも最後なわけで、
今のあたしにゃー、知りようもないわけです。
(たぶん、まだ決まってないだろうし)

ホントは、2800円くらいがいいんだけどね。
OLさんの気軽に使えるお金は
3000円までという調査結果もあるし、
DVDとかの値段とかと比べると、
3800円でも割高感はある。
FFとかドラクエとか、コーエーのとかは
7800円でもいいと思うけど、
「日常」用のゲームは2800円くらいがいい気がする。
っていうか、
ボリュームによって値段の幅があってもいいんじゃないだろうか。
本だって、オモチャだって、お菓子だってみんなそうなわけだし。

« 小さいゲーム_続き | | バリエーション、スピード、クオリティー »