人間風車

2004/08/10(火)
【今日のお仕事】

先生と生徒の恋愛は、
プラトニックなら問題ないが、キス(以上)はダメ。
by岡山県教育委員会

っていうことじゃないだろう。
恋愛を接触型と非接触型に分けるっていう
センスを非難するよりも、
商品に手をつけちゃダメと非難したい。
生徒(商品)には、平等に教育を受ける権利がある。
授業の妨害がいけないのと同様に、
偏った関係が、その平等を脅かす可能性がある以上、
それは契約違反といえる。

それにしてもずいぶんと日が短くなった。
もう朝の4時半だけどまだ薄暗い。
相変わらず夏まっさかりなのに、
地球の公転だけは正確なのね。
今日は、昼間ちょこちょこ仕様をなおした後は、
置き去りにしておいた本仕事に没頭。
(っていっても、ずっと本を読んでただけだけど)
今度のテーマは「性行動」。
1990年以降、DNAのマーキングや複製、
遺伝子ノックアウト技術など、バイオ技術の進歩で、
それまで主に、肉眼の観察に頼ってきた
動物とくに昆虫の性行動の研究は、
飛躍的に進歩して、
ここ数年はそこらあたりの成果が一般書として出回りだした。
ので、読んでいておもしろい、おもしろい。
本の形態は、『テロメアの帽子』と同じようなスタイルで、
そうした自然界のすばらしい仕組みを
たとえ話形式で紹介していくつもりなので、
きっと、90年以降の一連の発見に一緒に驚いてもらえると思う。
ただ、
ここ10年以上の性行動に関する基本的な考え方が、
性行動はメス(人間を含む)の乱交性によって
支配されているという「発見」がベースになっているので、
女性陣にはちょっと「違和感を感じる」話になるかもしれない。

そういうたとえ話をすることがクリエイティブかどうか、
っていうか自分の理想とするクリエイティブな作業かどうかは、
少しひっかかるところもあるんだけど、
そういうたとえ話をするのが好き、
ある意味得意だし、これといった先例もない作業なので、
まあ、よしとするかって感じだ。

« もろもろ | | 今日のお仕事 »