人間風車

2004/08/17(火)
【9.850】

吊り輪の着地に失敗して、
足を一歩出してしまった選手をみて、
解説"ちょっと出してしまいましたね"
アナウンサー"ほんの少しです"
なんか、いやらしくない?

なあんて書いていたら、
いやあ、今日本男子体操が金をとったですよ!
すごかったぁ。
やっぱり、眠くても仕事ができなくても、
それで今日のmtgがやばいぞってなっても、
こういうのはリアルタイムで経験しなくっちゃね。

谷、野村から始まって、あいちゃん、北島と、
毎日毎日、
こんなすばらしいもん、
タダで見せてもらっていいんだろうか。
どうかぼくの受信料は彼らに渡してください>NHK

それにしても、団体戦は怖い、イヤだ。
もし自分が鉄棒から落ちたらメダルがこぼれる、
なんて状態で平常心でいられるわけがない。
ルーマニアの鉄棒とか、誰が責められるだろう。
サッカーのPKもイヤだ。
きっとからぶりするとおもう。
彼らはどういう心臓しているんだろう。

オリンピックはテレビで見られることが前提になっている。
いつの大会だったか、どの競技だったか忘れたけど、
大口スポンサーのアメリカの都合で、
試合開始が夜中になったこともある。
テレビ受けがいいようにルールも変更される。
飽きないように、わかりやすいように、
短く単純にテンポいいようにルールが改変される。
そういう意味で言うと、
なんと野球のテレビ的でないことか。
普段ナイターを見ているときはあまり感じなかったけど、
こうしてオリンピックの中で野球を見ていると、
かったるくてしようがない。
昨日のオランダ戦なんて4時間ですよ、4時間。
マラソンだって2時間で終わるというのに、
100m走なんて10秒で終わるというのに。

野球人気回復のためには、合併や1リーグ制云々より、
テレビ受けするようにルールの改正を考えるほうが
いいような気がする。
たとえば、
ソフトボールの延長は、ノーアウト2塁から始めるけど、
そのくらい大胆な変更もアリじゃないかな。

« お盆明け | | Live »