人間風車

2005/05/31(火)
【モニター会】

デバッガーよりもっと普通のユーザーに近い(感覚の)人たちによるモニター会があった。
その結果レポートが送られてきたけど、実はまだ見ていない。
メールに
"批判っぽいことを書いている人もいますが、それはある部分流してください。"
とか、
"この手のレポートに慣れていないと、へこむことがありますが前向きに読んでください"
とか丁寧な「心遣い」が書かれていたので、
すっかり読む(勇)気がなくなってしまったわけだw
いくら間引いて考えたところで、やっぱり気分がいい訳じゃないので、
せめて起きてから読むことにしよう。

それはそうと、今回はツールを作ったつもりでいたし、
たぶんツール的にはおもしろいと思うんだけど、
どうしても従来のゲームと同じ姿勢で向かわれてしまって、
無用なギャップを生んでしまう。
難しい問題だ。
こんなとき、最初にポカリスエットをモニター会に出したときは
どうだったんだろうかと想像してしまう。
たしかNHKのドキュメンタリーでやっていたのだと記憶しているが、
ポカリスエットは当初まったくいい評価を得なかったらしい。
当時はまだニア・ウォーターなんて概念がなかった。
甘く、あるいは炭酸の効いたジュースしかなかった。
体にいいとか、栄養があるとか、吸収がいいとか、
そういうよいこと、役に立つことなんて、
飲料水に求められていなかった時代だ。

求められていなかったと言うよりは、
そういう体にいいものというつもり(概念)で清涼飲料水を見ていなかった時代だ。
ので、きっとジュースを予測して飲むから、
薄いとか変な味がするとか、甘くないとか、炭酸がないとか感じただろう。
そんな中での評価は、
「ジュースとしてのマイナス点」ばかりがあがってきただろう。
ポカリスエットが社長の発想でなかったとき、
果たして商品化されたのだろうか、、、
とふとそんな思いを自分にかぶせてしまう。

でも、今の清涼飲料水の売れ筋をみれば、
いかにポカリスエットが正しかったかは一目瞭然だ。
体になにかしらいいことのない清涼飲料水なんて売れないだろう。
炭酸が入っている。甘い。果汁0。
そういう「お菓子」的な要素は今ではマイナスでしかない。
これはおそらく、ポカリスエットがでるかでないかくらいの時から、
清涼飲料水を飲む側に
「こういうの飲んでると健康にヤバイんじゃない」という
後ろめたさが溜まりだしていたからに違いない。

体にいい清涼飲料水ばかりがうれることが、
果たしていいことなのか、悪いことなのか、
あるいは楽しいことなのか、幸せなことなのかどうか、
自分でも結構微妙とはおもっているけど、
少なくともそういう健康嗜好は、
一度は通過しなくてはいけないポイントなんだろうとは思う。

そして、同じことが今ゲームにもきているような気がしてならない。
ちょうど、ポカリスエットが出るべきタイミングなんだと思う。
問題はどうやって、
ジュースじゃないんですよ、と伝えるかだ。
ジュースだと思って飲んだときのマイナス点だけで、
売る側が商品を査定してしまうと、
そのあたりの伝える力(平たく言えば宣伝費)が弱くなり、
結局のところは、誤解されるだけに終わってしまう。
(と、ちょっとだけ、伝える努力をしてみた)

« 第一印象 | | 異性のニオイ »