人間風車

2005/08/16(火)
【キスで行け!】

そういえば、ぼくらが子供の頃の戦争映画は、
ドイツ兵が必ず悪者だった。
ドイツ兵=悪いヤツ=敵。
となんの疑問もなくそう思っていた。
でありながら、じゃー、
ドイツ人=悪いヤツ=敵。
って思っているかっていうと全然そんなことはなくって、
ドイツ兵≠ドイツ兵と自然に感じられている。
これは戦後のドイツ人の努力のたまものなんだろう。
一方、日本はというと
当時の日本兵だけでなく今の日本人も嫌われている。
中国なんかは、
情報操作でうまく日本をスケープゴートにしている
という点もあるきもするが、
そういう意図を引き算したとしても、
今の自分たちの
なにかしらが足りなかったり間違ってたりするんだろう。

こういう本は普段絶対に読まないんだけど、
人工知能学者の松原仁先生から
「HUB名人の思考法は、他のプロ将棋士と全然違う」
とよく聞いているので、『決断力』買ってみました。
で、その中に出てくる「キス(アプローチ)で行け!」
メロン大学(こう書くとすごい楽しい大学に見えるな)の
金出教授の言葉で"Keep it simple, stupid"の頭文字だそうです。
つまり「もっと簡単にバカにやれ!」ってことっすね。
HUB名人は常々「ごちゃごちゃ考えない」ことを
もっとーにしているみたいです。
「1時間以上考えてるなんてのは、
考えてるんじゃなくって悩んでいるだけだ」とはかっこいいです。
なのでそれにあやかって、
これからは1時間以上仕事しないことにします。
さすが名人、それ以外にもいいことをいっぱい言ってまして、
中でも
「直感の7割は正しい」
という言葉が好きです。
HUB名人の直感と自分の直感を同じに考えるのは、
おこがましいこと甚だしいわけですが、
でも、なんとなくわかる気がします>7割方正しい。
たいがいの「考え中」は、その直感の正しさの確認やら
その直感を採用することの決断に使われているってことが
多い気がします。
が、しかし、そうは思ってても、
自信をなくしているときには、
なかなか直感の声に従えないものなのだ。

« お試し | | 『the world of GOLDEN EGGS』 »