人間風車

2006/03/03(金)
【週末】

なんて言うんたんだったか忘れましたけど、
あの、何号も続けて買うと、
世界の名車やお城や戦艦大和が組み立てられるっていうグッズ付きの本。
あれが団塊の世代に売れているらしいって、
今TVで言ってますね。
初号は1000円くらいで安いんだけど、
完成までには90号とかまで買わないとダメなものもあるらしい。
となると1万円弱か。

富山の薬売りタイプの「使った分だけ」という商売もまた
新たなビジネスとして脚光を浴びているという話を聞いた。
あるいは
『25』みたいに(ユーザーにとっては)無料のものとか、
一定期間無料とか、
そういうサービスも流行っているらしい。
あるいは、牛乳の宅配サービスも
パンや香辛料も持ってきてくれるなどの付加サービスをつけることで
また復興してきているのだという。

売り切りゴメンではなくって、
徐々に買い足すとか使った分だけとか、
無料お試し期間とか、無料サービスとか、
宅配とか、
高いくせに中身をチェックすることもできない。
小さなサイズもない。
ゲームショップか量販店まで買いに行かないといけない。
ゲームの売り方っていうのにも、
そういうビジネスモデルを取り入れるとおもしろいのかもしれない。

« ツール+ゲーム | | 会社の健康 »