人間風車

2006/03/09(木)
【楽天とamazon】

最近日本でもamazonが伸びているとか、
どっかに書いてあった。
ぼくは、今のところ、
楽天とamazonどちらもヘビーユーザーだけど、
もしこのままamazonの品揃えが増えていけば、
ぼくは楽天を捨てるような気がする。
楽天は確かに店の数は多い、にぎやかなショッピングモールだ。
しかし、一歩中にはいると、
案内所(検索機能)があまりにお粗末だし、
飾り付け(各ページのデザイン)や
掃除も行き届いていない(平気で品切れ商品リストが並んでいる)
なんだかなー、M&Aとかより先にこっちを整備してくれよ。
と思うちょっと残念な市場でもある。
一方amazonは、
より買いやすいための仕組みの強化に
つねに前向きな感じがしている。
1クリックで買えたり、
ユーザーのレビューを載せたのもそうだし、
あなたへの「お勧め」も用意してくれているし、
「お試し」や「立ち読み」機能まである。
何よりも、何を買っても
1500円以上なら送料無料というサービスがありがたい。
検索機能もまあまあいいし、
レイアウトも整然としていて見やすい。
スパムメールの数も楽天に比べてうんと少ない。

もっともどうにかしてくれという所もある。
最悪なのは予約しても発売日に届かないことがあり、
予約ってなんなのよ、と言いたくなることも多い。
買った後で「在庫がありませんでした」ってことも多い。
日本人の几帳面さがわかっていないようだ。

ということで、今のところ一長一短ではある。
amazonがレアな商品を揃えるようになるのが早いか、
楽天がサービスを統一化し、充実させていくのが早いか、
後者の方が早い気がするんだけど、
どうもamazonのほうに「未来」を感じてしまうのはなぜだろう。

« 会社の健康 | | 数値化しない »