人間風車

2006/05/09(火)
【レビュー】

このGWは何年ぶりかに緩いペースだったので、
体がけっこう怠け者になってしまってる感じで、
全然エンジンがかからない。
(わるかーないです、このダルな感じ)

知り合いが、
自分の著書に対するamazonのレビューにへこんでいた。
この程度でへこんでたら、おれなんか、、、、
と思わないでもないけど、
それにしてもここのところ、
少しamazonのレビューのトーンというか
質が変わってきたような気がする。
はっきりいって、質が悪くなっているような気がする。
辛口が多いとか点数が厳しいとか
自分のがひどく書かれているからとか、
そういう問題ではなく、
うまく言えないけど、
否定したいがための否定というか、
単純な負のエネルギーだけというか、
ともかくあまり説得力を感じないものが
多くなってきた気がするのは気のせいだろうか。

こうしたことはルールで縛ることはできないので、
レビューを書いた人についての評価点を書ける
仕組みとかがあればいいのにと思う。
(ヤフオクなんかの出品者評価のようなシステム)
そうすれば、少し無責任度は減るんじゃないかな。

« 食品の裏側 | | 高いか安いか »