人間風車

2006/05/11(木)
【高いか安いか】

E3でPS3の値段や発売日の発表があって、
まわりでは「それは安いか高いか」の大論争。
PS3は2タイプが発売されるみたいで、
安いほうでも6万円くらい。
高い方はオープンプライスなのでわからないけど、
7~8万円くらいだろう。
ということで、
ゲーム機としては高い。
でも、
コンピュータ、映像機器としては安い。
ということで、
意見が分かれているわけだ。

一応、そういう業界の末席をけがしている者として、
ちょっと反応させてもらうとすれば、
値段についての個人的な感想は、
安い高いというよりは、「中途半端だなー」
ということだ。
開発サイドがゲーム専用機ではないと明言しているので、
ゲーム機として高いといっても意味のないことだろう。
逆に、
どう表現すればいいのかな?総合映像家電?
であるとすれば、
ウリであったはずのHDMI端子なし、無線LANなし
という「ダイエット」
(安いバージョン)はどうにも中途半端だ。
これで6万円と言われても、
そういうメカ好き、ソ●ー好きファンにとっては、
安い!お値打ち!とはならないだろう。
このクラスのモノでこういうモノが好きな人が対象なら、
10万で何もかも入っているというほうが
かえってお値打ちに感じるんじゃないのかな。
きっと廉価版の方が売れないんじゃないかとさえ思う。

それはそうと、
任●堂とソ●ーの戦略が
こうはっきり分かれるというのはおもしろい。
「ゲームに特化」と「ゲームもできる」
どちらの戦略がユーザーにアピールするんだろう。
楽しみだ。
なんて、すっかり傍観者的立場だったりする。

« レビュー | | 「ふと入る」と「わざわざ行く」 »